働く時に欠かせないマナー

敬語の使い方など

正しい敬語で、目上の人と話すように心がけてください。
ですが自分の上司と、取引先の偉い人では敬語の種類が異なります。
敬語にはいくつかの種類があるので、目上の人でも立場によって使い分けないといけません。
敬語は知っていても、正しく使い分けることができない人が多いです。
相手に失礼な態度を取らないよう、マナーを講習で学んでください。

知識を持っている人から教われば、すぐに正しいマナーを身につけることができます。
また、お辞儀の仕方にもルールが決まっています。
社会人になったら、学生のころよりもマナーに厳しくしなければいけません。
早めに講習に行っていれば、仕事で活かせます。
時間を見つけて、勉強しに行ってください。

文章の書き方を知ろう

メールで、誰かと連絡を取る機会が訪れます。
その時に失礼な文章を送ったら計画が上手く進まなくなります。
取引先の相手だった場合は、取引が中止になるかもしれません。
文章の書き方を学んでおきましょう。
最近はメールで文章を書くことが多いですが、手紙を使っている人もいます。
手紙でなければいけない会社も見られるので、手紙の書き方も同時に学んでおきましょう。

メールや手紙の正しい書き方は、黙っていても誰かが教えてくれることではありません。
自分から購入に参加して、知識を習得しなければいけません。
若いうちに書き方を知っていれば、これからずっと使えます。
正しい言葉遣いでメールや手紙を送れば、相手に良い印象を与えることができます。


このコラムをシェアする